温泉地への旅行に準備したいもの

国内の温泉地への旅行では、準備する荷物は着替えなどの衣類・コスメ関係がメインでしょうか。国内のホテルや旅館には浴衣などがありますし、タオルやバスタオルもあるのでそのような物は必要ないでしょう。しかし、場合によってはいろいろと準備しておくと便利なものがあります。温泉街があり、市営のお風呂などに入るような場合には、お風呂から出た後に扇子があると便利です。旅館で団扇を準備している場合もありますが、最近の旅館やホテルではないところ多いようです。団扇もいいのですが、扇子ですとそれほどかさばらないため便利です。温泉街を歩き回るときにも、暑い夏場では扇子があるととても重宝します。それに、温泉街で浴衣を着て扇子で仰ぐといった姿は、絵にもなります。せっかくの旅行とばかりに、何度もお風呂に入ると湯あたりしやすく、疲労することがあります。とくに、汗により脱水症状になることもあります。脱水症状を防止するために、塩飴や塩分補給サプリを持っておくと何かと役に立ちます。国内とはいえ、旅行ではなにかと疲れることもあります。また慣れない土地への旅行で精神的な疲労もありますし、お風呂で大量に汗を流したりと、結構疲れるものです。そのようなときのために、ビタミン類のサプリやミネラル類のサプリがあると便利です。

旅行の基礎情報

新着情報

↑PAGE TOP